環境調和型物流

弊社は地球環境に配慮した物流システムを目指し、様々な取り組みを行っております。

BDF(バイオディーゼル燃料)によるJ-VER創出

  • 2009年より、学校給食配送業務にBDF(バイオディーゼル燃料)車輌を利用しております。
  • (BDFを使用した学校給食配送)

    (2011年6月16日物流ニッポンより)


  • 2011年8月には株式会社無垢と共同で環境省のオフセットクレジット制度(J-VER制度)の認証を受け、年間5tのオフセットクレジットを創出しました。

  • (2011年7月11日物流ニッポンより)

    遮熱塗料

    節電・省エネ対策として、トラックのコンテナ上部に遮熱塗料を塗装しています。
    冷蔵機が効きやすくなり、その分燃費の向上にもつながります。

    環境教育・講演

    地元小学校での環境教育の出張授業や、講演も承っております。

    広島県三原市立和木小学校にて

    広島県世羅町立伊尾小学校にて

    ひろしま環境ビジネス交流会にて

    廃棄物資源循環学会中四国支部講演会にて

    コンサルタント

    今、物流企業にとって「環境問題」は避けて通れない時期に来ています。
    物流業界でも自主行動計画として様々な取組みも行っておりますが、二酸化炭素削減とは相反するこの業界で、「どのようにすれば対応出来るのか」は非常に難しいとされております。
    ところが取組み難いと思い込んでいるだけで、条件さえ整えば「差別化」する為の大きなチャンスと捉える事が出来るのです。
    国内で最も信頼性の高い排出量の一つである、J-VERを創出した経験等の実績や、国内クレジットの活用方法などのノウハウがあります。
    その他、節電や節水等省エネルギーに関するアドバイスも可能です。

    例1

      環境省 排出量取引(J-VER)制度の活用
    • 方法論E-004
      「廃食用油由来のバイオディーゼル燃料の車両等における利用」
    • 方法論E-023
      「デジタルタコグラフの装着によるエコドライブ」

    例2

      国内クレジット制度の活用
    • 方法論028
      「化石燃料からバイオディーゼル燃料への切り替え」
    • 方法論028-A
      「化石燃料からバイオガスへの切り替え」
    • 方法論038
      「天然ガス自動車への更新」
    • 方法論038-A
      「天然ガス自動車の新規導入」